資生堂アートディレクター、花原正基のプロフィール

I started my career in SHISEIDO as a graphic designer in 2005. I was in charge of Brand SHISEIDO, MAQUillAGE, SHISEIDO’s corporate advertising as well as the branding of a CD jacket of musicians, shoe brand and kindergarten. 
In recently years, my work expanded from general graphic design to interactive design, transcend media borders.
I presented IOT product and App at SXSW in 2017. Two poster series of mine were selected by The National Museum in Poland as their official collection in 2019.


Awards
ADC (Bronze), ONE SHOW (2 Gold and Silver), D&AD (Wood Pencil), 2019

ADC (Gold and Silver), ONE SHOW (Gold and Bronze), D&AD (Wood Pencil), JAGDA (New Designer Award), 2018

ONE SHOW (Silver), CLIO (Bronze), Red dot award, Hagura Award (Grand Prize), 2017

New York Festivals (Second Prize), ADFEST (Silver), 2014

London International Awards (Bronze), 2013

1979年生まれ、福岡県出身。2005年、資生堂宣伝部入社。 主な仕事にSHISEIDO、マキアージュ、資生堂企業広告など。他にも、アーティストのCDジャケット、シューズブランド、レストラン、病院、幼稚園などジャンルを問わずブランディングを手掛ける。近年は、アプリケーションやIOTプロダクトをSXSWに出展したりテクノロジーを使ったクリエーションも多い。2019年、ポーランドの国立美術館にてポスターシリーズ2点がオフィシャルコレクションとして収蔵される。


主な受賞歴

2013年 ロンドン国際広告賞銅賞

2014年 NewYorkフェスティバル銀賞、ADFEST銀賞、GOOD DESIGN賞

2015年 DSA(空間デザイン)優秀賞

2017年 SXSW出展、ONE SHOW銀賞、CLIO銅賞、 Red Dot Award、羽倉賞グランプリ

2018年 NY ADC金賞・銀賞、ONE SHOW金賞・銅賞、 D&AD ウッドペンシル、JAGDA新人賞

2019年 NY ADC銅賞、ONE SHOW金賞×2・銀賞、D&AD ウッドペンシル